古代ケルト十字法のスプレッドの仕方

古代ケルト十字法のスプレッドの仕方

古代ケルト十字法のスプレッドの仕方

 

シャッフルとカットを終えて、さあ、スプレッド(展開)です。

 

 

@シャッフルとカットを終えて、さあスプレッドです。

 

カードの絵柄の方を内側にして番号順にやってみましよう。

 

 

 

A1枚目のカードの上に2枚目のカードをのせる。

 

 

 

B同じように2枚目のカードの上に3枚目のカードをのせる。

 

 

 

C同じように、3枚目のカードの上に4枚目のカードを乗せ、同様にして6枚目まで乗せる。

 

 

 

D6枚目を右手にとつたら、6枚まとめてくるりと矢印の方向に返す。

 

 

 

Eそして、テーブルの中央に置く。

 

このとき右手に持っていたカードの一番下のカードの絵柄が出る。

 

この後テーブルにカードを置くときは、カードを返して表向きに(カードの絵柄が出るように)置く。

 

 

 

F次に中央に置いたカードの上の少し右下にずらした位置に1枚カードを置く。

 

これが7枚目のカード。

 

 

 

G次に「6」、「7」のカードの下の方に重ねるようにして「8」の位置に一枚カードを置く。

 

 

 

H次いて、「9」、「10」の位置に順番に1枚ずつカードを置く。

 

 

 

I次いで、「11」、「12」の位置に順番に一枚ずつカードを置く。

 

 

 

Jここで@〜Dの手順に従ってもう一度6枚のカードをとります。

 

6枚とったら、矢印の方向にくるりと返します。

 

 

 

Kくるりと返したカードを「18」の位置に表向き(絵柄を上)に置く。

 

このとき「18」の位置のカードは右手に持っていたカードの一番下のカードの絵柄が出ています。

 

 

 

L「18」の位置に苣いた6枚のカードの上にまた1枚置く(「19」の位置)。

 

 

 

M「20」の位置に1枚置く。

 

 

 

N「21」の位置に1枚置く。

 

 

 

O「22」の位置に1枚置いて終了です。

 

これで22枚のカードを全部使い、左手には1枚も残りません。

 

 

 

「古代ケルト十字法の読み取り方法」につづく >>

 

プロ並みの占いをマスターできるプログラム