「本当ですか?」は禁句

「本当ですか?」は禁句

「本当ですか?」は禁句

 

占いには、「○○をしてください」というアドバイスはありません。

 

「じゃあ、私はどうすればいいんですか」という質問が最後に出てきたら、占い師さんはがっかりします。つまり、通じなかったのです。言っていることが通じたら、するべきことは自動的にわかります。

 

相談者は、下り坂から上り坂に変わる分岐点で、必ず占い師さんを訪ねています。占い師さんは、「あなたは今、下り坂まっしぐらですよ」と、二コニコ笑いながら言ってくれます。

 

これが友達に相談するのと違うところです。暗いことを暗く言うと、よけいに暗くなります。暗い事態の時ほど、二コニコ言わなければいけません。友達の場合は、一緒になって暗くならないと、「友達に対する思いやりがない」と言われます。占い師さんは、この状況で二コニコ笑いながら言うのです。それは占い師さんの力です。

 

 

今、自分が分岐点にいることを受け入れられない人は、占い師さんに「下り坂一直線です」と言われても、「本当ですか?」と、なかなか聞き入れられません。こういう人は、冒頭の5分で話が終わってしまいます。残り25分は、まったく何も頭に入りません。そこで止まっているのです。

 

占い師さんも、「仕方ないな。これはこれ以上通らない」と寂しく思います。いわば、詰まっている状態です。

 

自分のやっていたことがわかった瞬間に、何をすべきかがわかります。本当に理解できれば、「私は何をすればいいんですか」という質問は出ないのです。

 

占い師さんは、「現状はこうなっている」というレントゲン写真を撮っています。肺に影がある、胃に潰瘍がある、ここは虫歯だとわかるのと同じです。

 

それに対して、どう行動を変えるかです。行動を変えることで、人生はハッピーな方向に向かいます。

 

現状把握できるかどうかで、ほとんど勝負あったです。現状を受け入れることができた人は、必ず行動が変わります。

 

 

「先生かおっしゃることはわかるんですけれども、じゃ、何をやればいいんですか」という質問は、出てこないのです。

 

よくある質問は、「一番にやるべきことはなんですか」という質問です。

 

「一番」も何もありません。現状を受け入れたら、やることは自動的に決まります。「あなたは今、線路に落ちています。電車も来ています」という時に、「今、私は何からやればいいですか」という質問は、ありえないのです。

 

まずは素直にアドバイスを受け入れることです。「一番」という発想が浮かぶのは、自分の状況を理解できていないからです。だから、「線路に落ちている」と言われても、「いえ、そんなことはありません」と言うのです。

 

占い師さんには、今まで聞いたことのない、やや耳が痛いことを言われます。それは、友達からは出てこない視点からくるのです。素直に受け入れた時、自動的に今すべき行動がわかります。

 

占いを活かすポイント

 

  • 言われたことを受け入れて行動に移す

 

 

「縁と使命の違い」につづく >>

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング