占い師さんは見抜いている

占い師さんは見抜いている

疑っていることも見抜かれている

 

占い師さんに対する信頼感には、

 

 

①信じている

 

②心を開いている

 

 

という2通りの要素があります。

 

自分が心を開いていなければ、信頼しているとは言えません。占い師さんは、最初に信じられているかどうかを見抜いています。占い師さんは、「この人の信じる度は何十%で、心開き度は何十%」と、見抜いています。

 

それに合わせて答え方を変えています。一番お得なのは、信じる度100%、心開き度100%です。

 

 

お寿司屋さんで例えるとすると、いいネタを惜しげもなく提供してくれる感じになります。初めから心を開いていないと、占い師さんは、30分の間に、相談者がどのくらい自分のことを「信じる」のか、「心を開く」のか、というところにエネルギーを使わなければなりません。占い師さんとしてはアドバイスをするところにエネルギーを注ぎたいのにです。

 

相談者の心が開かないと、言葉は通りません。マッサージも、「このマッサージ、どうかな」と思っていると効かないのです。

 

占い師さんの問題ではなく、相談者の問題です。

 

信じていない占い師さんのところに、行かないことです。「怪しいな。うさんくさいな」と思った瞬間に、心が閉じてしまいます。信じてもらうために心を開く」という余分な作業をしなければならないのです。

 

信じないと協力してもらえない

 

いろいろな占い師さんをまわっている人は、常に探ろう探ろうとしています。それは当然バレています。「うさんくさいな」と思ったことも、バレています。相手は占い師ですから、相談者の頭の中で考えたことは全部見抜かれているのです。

 

見抜かれることを「怖い」と感じるのは、信じていないからです。恥ずかしいと思うのは、自分をさらけ出さないで、見せてないところが残っているからです。

 

 

どこが恥ずかしいかが相手にバレなければ、恥ずかしくありません。つまり、全部隠すか、全部見せるかです。

 

人間関係も全部見られると、ラクです。以前、霊視の先生に霊視で家の冷蔵庫をあけられて、「うわー、ワンちゃんのものばかりですね」と言われました。私の冷蔵庫ではなく、犬の冷蔵庫なのです。「犬の冷蔵庫に、ちょこっと私のも入れさせてね」という感じです。冷蔵庫の中まで霊視されてしまったら、あとはラクチンです。

 

「プライバシーにはできるだけ踏み込まないようにしているんですけど、ちょっと見せていただきます」と言われたら、どうしようもありません。「今、見られているかな」と感じていることもバレています。ここまでいくと、もうラクなのです。

 

手の出し方でわかる

 

手相は、手の出し方で「勝負あった」です。

 

「拝見しましょうか」と言われて、何も考えないでズバッと出せる人は、心を開いています。

 

ところが、フワッと出して、「どちらの手からですか」と聞く人は、けっこうブロックがかかっているのです。まず、それを取り除かなければなりません。

 

占い師さんは、ブロックを取り除くためにエネルギーを使います。そのために10分を使ってしまうのは、もったいないです。その10分でもっと深い話が聞けるのです。

 

 

「なかなか慎重な方ですね」と言うのは、手相ではなく、手の出し方を見て言われるのです。

 

占い師さんには、相談者になんでもズバズバ言つてほしいのです。ブロックのかかった状態では何も言ってくれなくなります。慎重な人がズバッと言われると、へこんでしまって、あとの話を聞けなくなるのです。

 

心が開いていないと、何を言われても頭に入りません。ブロックがかかって、「そんなことはない」と拒絶してしまうのです。遠慮なく言えることで、良いアドバイスをしてもらえるのです。

 

占いを活かすポイント

 

  • 何かを隠しても無駄

 

 

「「本当ですか?」は禁句」につづく >>

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング