未来についてのアドバイスをくれる占い師さんを選ぶ

未来についてのアドバイスをくれる占い師さんを選ぶ

未来についてのアドバイスをくれる占い師さんを選ぶ

 

たとえば、健康運の鑑定で、「肝臓が疲れてくるので、お酒の量を減らしましょう」などと言われます。

 

しかし、これは今の状態を言われるのではないのです。未来の状態について言われるのです。しかも、何のやりとりもなく言われます。

 

「えっ、人間ドックでも、血液検査でも何も引っかからないんですけどね……」ということもあると思います。

 

引っかかっていないのは、今のことです。人間ドックで調べられるのは、今のことです。

 

占い師さんのアドバイスは10年後のことうを言っているのです。「10年後、肝硬変になって、お酒がまったく禁止になります。飲んだらいけないことになります」と言っているのです。

 

肝硬変になるのはだいたいお酒の好きな人です。「今から週3回に減らせば、一生、週3回飲んでいけます。ところが、この調子でお酒を飲んでいたら、10年後にはお酒をゼロにしなければならなくなりますよ」と言えるのが、占いのありかたいところです。

 

健康運が、占いの本質です。病院に行って、病気を発見できるキッカケにもなります。占いは、予防医学です。

 

健康な時は、そのありがたみがわからないのです。病気になってからでは、手遅れです。

 

「いい占い師さんを紹介してください。大変なことになっているんです」とせっぱ詰まった声で相談されることがあります。「いい先生はいるけど、3年待ちですよ」と言われて、「間に合わない」と嘆く人は、もう間に合わないのです。

 

 

そして、せっぱ詰まった状態で占いに行っても、客観的になれません。冷静に話を聞くこともできません。せっぱ詰まってからでは遅いのです。今日の明日では手遅れです。

 

たとえば、明日までに100万円を払わなければいけないことは、占い師さんでもどうにもしようがありません。

 

占い師さんは、100万円の詐欺に引っかからないように、事前にアドバイスをしている存在なのです。

 

詐欺に引っかかってしまったら、占い師さんではなく、弁護士さんのところへ行かなければいけないのです。

 

今日、明日の問題を抱えて行っても、間に合いません。余裕のない人は、占いを余裕を持って聞けません。素直に聞ける状態ではなくなっているのです。

 

「そんなことより、なんとかして明日の朝まで200万円作る手段を!」という人は、何も聞けません。

 

「なんでもいいから早くなんとかして!」と言う人は、友達もなくしてしまいます。

 

今日か明日にでも死のうと思っている人には、占いは効かないのです。

 

どんなにいい占い師さんのアドバイスも、余裕を持って聞けないことには活かすことはできないのです。

 

 

占いを活かすポイント

 

  • 今スグの問題ではなく、余裕を持って聞ける未来のことを聞く

 

 

「占い師さんは今の問題よりも、未来の問題を正してくれる」につづく >>

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング