運命は1本道ではありません

運命は1本道ではありません
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

運命は1本道ではありません

 

「本当のところ、運命は、あるの?ないの?」と質問する人は、もし運命が決まっているとするならば、いくら努力してもムダだと考える傾向にあります。

 

運命は変えられないものと見ているので、頭の中では常に1本の道だと思い込んでいるのです。

 

でも運命とは、枝分かれする道なのです。

 

枝分かれした道全部が運命です。

 

今日1日だけでも、運命の枝分かれを何万回という単位でしています。

 

「しようか、やらないか、次回にしようか」と悩んでいることを、「よし、やってしまおう」と思ったその時に、その人は、やる運命へと動いていったのです。

 

授業中に手を挙げようか、挙げまいか、その先には違う運命が待っています。

 

全部がその人の運命です。

 

神様のシナリオは、1人1人の運命を実に細かく、よくつくっています。

 

「明日までに、○○の方向に行けば出会い運がある。運気が強くなる」と言われた人で、明日旅行する人と半年後に旅行する人の運命は、もう枝分かれしています。

 

どちらも、運命です。

 

1本の道ではないのです。

 

 

こんな仕組みは神様しかつくれません。

 

「今日は予定があったけど、キャンセルしてアドバイス通りにする」と言うのも運命です。

 

「今日は友達と映画に行く約束をしていたから、また今度にしよう」と言う人もいます。

 

「友達と映画を見に行く約束をしていたけど、友達と一緒にやってみた」と言う人もいます。

 

いずれも運命が変わったわけではありません。

 

行動する運命の技分かれに入ったのです。

 

人った時点で、別の運命にどんどん変わっていきます。

 

誰もが毎日無限の選択肢の中にいるのです。

 

「ゆっくり行っても、早く行っても乗る新幹線は1本だけ」というわけではないのです。

 

今は「新幹線」の本数もふえて、3分後には次が発車します。

 

「ここで急がなくてもいいや」とモタモタして、3分後の「新幹線」になるかどうかで、先の人生は変わってきます。

 

今乗れる「新幹線」なら時間どおりに到着するのに、3分後の「新幹線」は事故があって遅れることもあります。

 

遅れたとしても、仕事に間に合うこともあります。

 

でも、今乗れる「のぞみ」で1時間早く着けば、近所のお寺にお参りに行けます。

 

お参りしたいお寺がなかなか見つけられないこともあります。

 

ウロウロ迷っているうちに、面白いお店を見つけます。

 

「面白いお店を見つけたんです」と人に話すことで、「そこ、面白いね。今度連れていってよ」という形で出会いが生まれることもあります。

 

運命の枝分かれは、3分前の「新幹線」に乗ったからなのです。

 

 

占いを活かすポイント

 

  • いつでも分かれ道にいることに、気づこう

 

 

「当たる占い師さんは探し過ぎないこと」につづく >>

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング


 このエントリーをはてなブックマークに追加