ワンオラクル法のやり方

ワンオラクル法のやり方
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ワンオラクル法のやり方

 

基本的にタロットカードを扱うときは、トランプのように切らないでください。

 

1枚引き用に持ち歩くときは、ポケットあるいはカバンにしまう前に左手で3つにカットするぐらいにしてください。

 

左手で1枚、22枚のカードの中から抜くときにどの辺に何のカードがあるのかがわからなければよいのです。

 

1枚引きは占いたいテーマを決めて、22枚のカードを右手に持ち、その中から1枚、ピンときだカードを必ず左手で引くだけの単純な方法です。

 

たとえば友人と待ち合わせをしたけれども、なかなかこない、どうしちやったんだろうというときにポケットの中のカードに手を伸ばします。

 

そしてカードを1枚引き、そのカードが吊られた男なら「残業でつかまってるのかな」とか、戦車なら「急いでこちらへ向かっている」とか、カードからうけるインスピレーションを、一つの判断の材料にしていくのです。

 

ワンオラクル法の3種類のやり方

 

その@

 

カードの絵柄を下にした1組のカードをあなたがよいと思うまで左手でカットし、また1つにまとめます。

 

左手でそのまとめたカードを横にくずし、その上に左手をかざし、ピピッとひらめいたカードを1枚引きます。

 

 

そのA

 

あらかじめ適当にカットしておいたカードをバッグやポケットに入れておきます。

 

そして、占いたいテーマがあるときに、占いたいことを念じ、カードにテーマを与え、手さぐりで1枚、引き出します。

 

 

そのB

 

適当にカットが終わったら、カードをテーブルなどの上に置き、カードに占いたいことを念じテーマを与え、左手でカードの上から一部を持ち上げ、手に持っているカードの内側のカードを見ます。

 

 

 

 

 

@、A、Bのどの方法を選ぶかは、あなたのインスピレーションで決めてください。

 

それぞれの場面ごとのカードの意味

 

何を食べよう、何を着ようなど、日常生活の中には、占いのテーマがたくさんあります。

 

そして、その中から1つのテーマを決め、テーマが決まったらワンオラクル法でカードを1枚引きます。

 

1枚引いたら、次の項目から紹介する「それぞれの場面ごとのカードの意味」を参考にして、そのカードの出ているところ(項目)を見ます。

 

たとえば、どこへ行こうか迷ったときに
「それぞれの場面ごとのカードの意味」の中の「行き先に困ったときのワンオラクル」の項目を見ます。

 

そして、1枚引きしたカードがマジシャン(魔術師)だったら、マジシャンの項目を参考にしながら、結論を出しましょう。

 

なお、ワンオラクル法ではカードの正位置、逆位置の意味は特に考えません。

 

この占いは基本的に迷ったときに行うべきで、決して、試しに1枚引いてみようなどと遊び半分に行ってはいけません。

 

 

「今日の運勢のワンオラクル」につづく >>

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング


 このエントリーをはてなブックマークに追加