占い師のように読み取る

占い師のように読み取る

イメージとヴィジョン

 

タロットカードは、ただ意味を覚えるだけでなく、イメージ・ヴィジョンで覚えて欲しいのです。

 

いろいろなスプレッド(展開)で出たカードは、その流れを読むものであり、ただ「死神」のカードが出たから終わりだとか、「恋人」が出たから愛の芽ばえがあるというものではありません。

 

問題はカードの出方(正・逆)、過去からの流れ、出た場所の意味といったことが重要になってきます。

 

たとえば、「世界」のカードは最高によいカード、完成のカードといわれています。

 

確かに、ラバーズブリッジ法やケルト十字法で恋愛を占った場合、結果のところに「世界」が出れば結婚という予想がたてられますが、過去の位置に「世界」が出て、結果への流れに、リバースが多い場合はもうすでに終わっている関係、あるいは、2人の間には隕られた世界ができていて、それ以上に進展しないなどと察していきます。

 

極端な例では、過去に「正義の女神」のリバースが出た場合、三角関係からの出発を表したり、過去に「塔」が出た場合、トラブルやハプエングといったことよりも、衝撃的な出会いとか、一目惚れなどと解釈したりもします。

 

これがタロットのおもしろさでもあります。

 

よくあることですが、過去や意識の場所に「恋人」のリバースが出た場合、失恋や心変わりというよりも、不純な動機からの出発などと解釈したりもします。

 

奥の深い読みが必要になってきます。

 

潜在意識とメッセージ

 

カードの読みとは、あなたの潜在意識から、送られてきたメッセージをインスピレーションで読み取ります。

 

ですから、「このカードが出たからこうだ」と断定的になったり、観念的になってはいけません。

 

まず、じっくりとスプレッド(展開)されたカードを見つめながら、何のカードが気になるとか、何を訴えているんだろう? ということを感じるのです。

 

そして、一つの仮定を作っていきます。

 

つまり、ストーリーを作るのです。

 

とはいっても、それほど難しく考える必要はありません。

 

慣れもあるのですが、たとえば、「2人の恋はどうなるのかしら」といったテーマでは、出会いの状況において、お互いにどう思ったか、現在どうか、2人は将来どうしようと思っているのか、うまくいくにはどうしたらよいのだろうか、そして2人の障害になっているものは……と。

 

客観的な立場になって簡単なストーリーにまとめます。

 

こうなって欲しい…などといった感情は、からめないように注意しましょう。

 

あくまでも客観的に感じたままをカードから読み取るのです。

 

しかし、どうしてもインスピレーションのわかないときは、休むか、気分転換をすること、頭をかかえて思いつめてみてもむだでしょう。

 

プロの読みとは、「当たりハズレなどありえない。カードは絶対的なものだ」という信念からきています。

 

ですから、もしハズレるようなことがあったら、それは読み方が間違っていたのです。

 

それほど、プロの占い師は、タロットカードを神聖なものとし、特別に大切にするのです。

 

そして、その恐るべきインスピレーションも、細やかなカードへの愛情から生まれてくるものであるといってもよいでしょう。

 

「あの人の気持ちはどうなんだろう?」「ずっとダラダラ付き合っているけど結婚できるの?」「いったいこれからどうしたらいいの?」こんな感じで悩み続けるのは本当にツライですよね。そんな時にオススメするのが電話占いです。「電話占いって怪しい…」なんて思っている人もいるかもしれませんが、本当に当たりますし、アドバイスも的確です!私も本当に助けられました。そこで、よく当たって最高のアドバイアスをもらえるオススメの電話占いの占い師さんをご紹介します。一度試してみてください。心のモヤモヤがスッキリしていい未来に導いてもらえますよ(*^^*)


https://絶対当たるオススメ電話占いランキング